Sonic!!!

Sonic!!!

こんばんは六スケです。

近頃すごい晴れたり、雨が降ったりよくわからない天気が続いていて嫌ですね〜。

雨のカラーイメージといえばですが、今日は青い奴の映画をご紹介します!

ソニック・ザ・ムービー

(タイトルそのまんまやん)

「SEGA」が誇る人気ゲーム“ソニック・ザ・ヘッジ・ホッグ”を映画化した作品です。

軽い説明をすると、音速で走ることができる青いハリネズミを、激しい起伏やループのあるステージを操作する横スクロールアクションゲームです。

日本でも人気ですが、海外では爆発的ヒットを記録してます。

自分の産まれた惑星で、平和に暮らしているソニックの姿から映画は始まります。

しかしある日、自分が持つスーパー・パワーを奪おうとする敵に狙われたソニックは地球に逃げることに、、

それから10年間、ソニックは誰にも見つからないように、でも、「仲間が欲しい」とざっくりな願いを胸に秘めながら、寂しく、そしてぼっちで暮らしていました。

そこに“地球征服を企む悪の天才科学者 ドクター・ロボトニック“が現れ、ソニックは捕まっちゃいそうになっちゃいます。

大ピンチの青ハリネズミ(ソニック)は、ただただ偶然出会った“保安官トム”に助けを求め、そこから話は進んでいっちゃいます。

とにかくコメディ要素強めで、わかりやすいストーリー構成になっているので観やすかったです。

この映画、ソニックの「顔が違いすぎる!!」ということで、最初に公開された予告編には高評価(👍)よりも低評価(👎)の方が多く集まり、監督を務めるジェフ・ファウラー氏は自身のTwitterで、「ソニックのデザインの変更を約束いたします。申し訳ございませんでしたね。(言ってない)」事態にまで発展していました。

初期ソニック  修正版ソニック

このように、別人のような仕上がりです。

そんなこともあり、話題性があったので公開してからは結構人気だったみたいです。

是非皆さん、観てみちゃってください。

Blue Hedgehog!!!