NEWS

2017.11.23【Ki-Yan Diary】産経新聞に掲載して頂きました。

産経新聞掲載

11月23日の産経新聞に、木村英輝率いる琳派ロックの次の動きをフューチャーしていただきました。

 

以下引用

─────────────────────────────────────────────

さまざまなアートのイベントを京都に集結させ、文化芸術のオリンピック「アートピック」を開いて、世界中の人を迎えようと呼びかけている絵師の木村英輝さん(75)=京都市=が、PRのためにミュージックビデオ(MV)を制作した。

 

「平安の都 京都」という木村英輝さん作詞の曲に、ヒップホップ調の振り付けで踊るナンバー。動画サイト、ユーチューブに投稿する予定で、「京都の新しい盆踊りになったらいい」という。

 

この曲は、5月に行われた公演「琳派ロック」で初めて披露された。京都の四季折々の祭りや風物詩、自然とともにある人々の暮らしを歌ったロック調の京都賛歌だ。関西を拠点に活動するバンド、シカゴプードルのボーカル花沢耕太さんと、B’zやZARDを世に送り出したプロデューサー長戸大幸さんが作曲した。

 

12日に収録したMVでは、木村さんが描いた平安京風建物の壁画を背景に、ダンスパフォーマーのMasakiさん(35)が着物風の衣装を身につけた6人の女性ダンサーを従えて踊る。碁盤の目や蹴鞠など京都をイメージさせるしぐさを振り付けに取り入れた。

─────────────────────────────────────────────

以上引用

その他の写真や詳しい内容はオフィシャルブログでご覧ください→

記事一覧へもどる