NEWS

2016.09.21【museum of kyoto】御室焼「仁秀」卸販売の記事が繊研新聞に掲載されました。

仁秀 繊研新聞

記事では御室焼を「17世紀から京都で継承されている焼き物で、当代仁和寺御用達として菊の紋章を使用している」ことや
「手引きろくろで制作することで、ひとつひとつ異なる表情が生まれ、手にもなじみやすい」と紹介されています。

仁秀の卸販売に関してのお問い合せは株式会社エレファントまで
電話 075-254-2811

記事一覧へもどる