NEWS

2015.04.14【ELEPHANT】プレスリリース 『仁秀』の器を中心にしたライフスタイルの提案をLUCUA1100で開催

ルクア1100仁秀POPUPのお知らせ

京都仁和寺御用窯で焼かれた800年の伝統
『仁秀』の器を中心にしたライフスタイルの提案

4月16日(木)から4月28日(火)まで
ルクア1100(イーレ)2階ミュージアム・オブ・キョウトで開催

株式会社エレファント(本社:京都市 代表取締役 平井英孝)は同社が運営するミュージアム・オブ・キョウト・ウメダ(大阪市北区 ルクア1100 2階)で『器+ライフスタイル』と題して期間限定コーナーを設けます。

 

ミュージアム・オブ・キョウトは京都市中京区とこのルクア1100の2店舗にあるライフルタイル雑貨とファッションのセレクトショップで、THE BRAND”KYOTO”をコンセプトに今の京都を紹介・販売しています。

 

今回の催しで紹介する『仁秀』の陶器は800年以上の歴史を持ち、京都仁和寺御用窯で焼かれる手造りの器です。

 

京焼の巨匠 初代・野々村仁清の技を受け継いだ職人たちによって手作りされる仁秀は”日本の伝統と文化を背負った器”と語られています。

 

また、ニューヨークの有力ファッション誌WWD(ウィメンズウェアデイリー)においては「世界の名品A〜Z特集」の中で、「Tのティファニー」、「Vのヴィトン」など名だたるハイブランドに並んで「Nの仁秀」と紹介されています。

 

今回の催しは『仁秀』の陶器を中心に、食器以外にもインテリアオーナメントとして現代風な盆栽との組み合わせを提案し、住空間を個性的演出する『仁秀』の器の魅力をお伝えします。
自分らしい暮らし、個性的なライフスタイルを求める方に向けた、手軽で新しい空間演出の提案としてお役立ていただける催しです。

 

仁秀催事プレスリリース

クリックするとPDFファイルが開きます

記事一覧へもどる